色んな形

イメージ画像

印鑑には使う用途別での種類があります。
個人印では「実印」「銀行印」「認め印」という3種類です。
その種類の差はあれど、形は同じ丸が一般的ですよね。
ですがまれに楕円形の印鑑があるのですが、ご存知でしょうか?

昔実家で使っていたのが、楕円形の印鑑で少し小さいものでした。子どもの私にも押させてくれたので、たぶん認め印だったのでしょうね。
小ぶりで、その楕円という形が特殊に思えて、特別な感じがするその印鑑を、私はとても好きでした。
大きくなり社会に出るようになったので、自分でも銀行印などの印鑑を持つようになりましたが、お店に行っても、その楕円の形をした印鑑はなかなか見かけません。

どうやらそれには理由があるようです。
楕円型の印鑑は、認め印か訂正印にしか使われないのだそうです。認め印であれば、楕円型を使用しても大丈夫なんですが、たとえば実印なんかには使えないようです。
その形もさることながら、大きさが小ぶりなのです。
用途が限られるというのは、やはり廃れる上で一つの原因になるのでしょう。
丸型のほうが色々と面倒がなくていいのであれば、丸型を使う方がいいですし、無難ですよね。

しかしながら、諦めきれない私がいます・・・。
銀行印としてくらい使えれば、購入を考えるのですが、認め印だけのためには、なかなかそこまでは出来ないですね。
まさしくそういう理由から、姿が見られなくなったんでしょうね。
ああ憧れに楕円型。



このページの先頭へ